イメージ画像

経営計画を作成するメリット(上)

こんにちは。経営計画作成のエキスパートで公認会計士・税理士の李 です。

読者の方からメールをいただきました。

質問趣旨を一言で表現すると、

Q:経営計画を作成するとどのようなメリットがあるんですか?

A:経営計画を作成するメリットはたくさんあります。

経営計画を作成するメリットとして2つ紹介しますね。

一つは
経営計画を作成すると、利益を伸ばす確率が上がるということです。

中小企業庁がホームページで公開している資料を元に分析すると

付加価値額を3%以上伸ばした企業の割合は、経営計画を作成した企業の場合
53.2%もあるんですよ。

※ 付加価値額 = 営業利益 + 人件費 + 減価償却費

ちなみに、一般の中小企業は18.9%です。

この一般の中小企業の中には、経営計画を作成している企業も含まれています。

公表されているデータでは

経営計画を作成していない企業だけを抽出することができなかったんです。

経営計画を作成していない企業が利益を伸ばす確率は18.9%よりも低いはずです。

経営計画を作成するのは確かに時間も手間もかかります。しかし、

経営計画を作成すれば、作成に時間と手間を

かけただけの成果が出る確率が高いのも事実です。

2つ目のメリットは明日書きますね。

タグ

2012年5月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

経営計画作成すると利益が伸びる

先日、個別相談に来たお客さまからこのような質問を受けました。

経営計画を作成すると、利益が伸びると言います。
経営計画を作成しない場合と比較して、
経営計画を作成すると利益がどのくらい伸びるのですか?

この質問に対して、私は次のように回答しました。

利益がどの程度伸びるかは会社によりそれぞれ条件が異なるので
一概には言えません。

しかし、利益を伸ばした企業の割合については統計がありますよ。

2008年度と少し古い統計ですが、中小企業庁が発表しています。

それによると、経営計画を作成した会社のうち、
付加価値額を5年で15%以上伸ばした会社の割合は53%です。
意外に多いのです。

一方、
「一般の中小企業」では付加価値額を15%以上伸ばした会社の割合は19%
です。

会社数の割合となってしまいますが、3倍近い差があります。

ここで注意して欲しいのは「一般の中小企業」という表現です。
この「一般の中小企業」は、経営計画を作成したかどうか
不明の会社も含んでるんですよ。
つまり、経営計画を実際に作成しても「一般の中小企業」に分類されている
会社もあるということです。

実際には経営計画を作成した会社とそうではない会社と比較した場合、
5年で付加価値額15%以上を達成した会社の割合は3倍以上でしょう。

タグ

2012年5月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 経営計画

ネットを通じて見込客の獲得

こんにちは。

ネットを通じて売上アップ図るのは一連の導線を正しく引くことが大切です。
その前に、今日は営業とマーケティングの違いを説明しますね。
営業とマーケティングの違いを理解されていない、社長さん。
意外に多いんです。

言葉の定義ですので、色々な人が色々なことを言います。
私なりの定義は次のとおりです。

マーケティングとは、見込客を集めることです。
ここでいう見込客とは、セミナーや展示場などに実際に足を運んでもらうことを指します。
つまり、ネットマーケティングとは、見込客に対し、ホームページやブログ、フェイスブックなどを
見てもらい、セミナーや展示場で実際にお会いすることを指します。

営業とはセミナーや展示場で実際にお会いしたお客様に対し、
契約をしたり、商品を購入していただくことです。

このように考えると、営業とマーケティングは別々に考える必要があると理解してもらえると思います。

タグ

2012年5月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

このページの先頭へ