イメージ画像

日本の企業情報開示はどう変わるのか?

日本の開示規制は外国に比べて多い?

経産省から「企業情報開示検討分科会(第1回)の資料」が公表されました。注目すべきなのは、資料3の9ページ目です。

上場企業における開示頻度・タイミング (国際比較)
(資料3 議論のための基礎資料9ページ目より引用)



日本の開示規制は、金商法・会社法・取引所規制の3つの規制があるのに、欧州では、証取法と会社法の2つ、米国は証取法のみです。
それぞれの規制があるので、日本の開示負担は欧州や米国と比べて重いと言えるでしょう。

開示はそもそも誰のために行うのか?



個人的な意見ですが、開示は企業と投資家・株主など利害関係者をつなぐものだと思っています。開示規制が細かくなればなるほど、企業側の負担が増える一方で、利害関係者と企業との情報の非対称性は小さくなります。ただ、現在の日本の開示規制は金商法・会社法・取引所規制と縦割り感が否めません。その結果、意味のない開示資料作成負担が企業側にあると思っています。開示規制を簡素化し、なおかつ有用な企業情報開示に流れに私も賛成です。
経産省の資料では、企業情報開示とは企業と投資家との継続的な対話と表現しています。



経産省から公表された「企業情報開示検討分科会(第1回)の資料」はこちらからどうぞ




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年10月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:監査

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ