イメージ画像

入口まで来た見込み客にお店に入ってもらう方法

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

 

今日は飲食店でお店に入るかどうか迷われているお客さまに入店してもらうコツを

お教えしますね。

 

飲食店の特徴として、お客さまがお店の入った瞬間に売上が確定します。

つまり、入口を越えた瞬間に「お客の財布の紐が緩む」のです。

このようにイメージすると、売上が確定する直前段階である、店舗前に工夫が大切と理解できるでしょう。

 

モスバーガーなどは、店舗前のボードに絵や文字を描いてますよね。

私も思わず見てしまいます(笑)。ここで重要なのは、

お客さまに「見せる」ことです。「読ませる」ではないのです。

お客さまは歩きながら、ボードを見るので、文字が多いと読んでくれません。

文字だと、読むのに時間がかかり、

せっかく少しでも入店の可能性があるお客さまを逃してしまうことになります。

 

大きな絵を描くことでどんなお店なのか、例えば魚が美味しいお店なのか、

お肉にこだわりがあるのか、お客さまがイメージできるようになればベストです。

 

絵を毎日描くのは大変という方もいるでしょう。

その場合の最も簡単な方法を教えます。

夏限定ですが、ズバリ、

お店の前に打ち水をする。

たったこれだけです。これだけで集客が変わりますよ。

他にもPOPという形でお客さまの目を惹きつけることも重要です。

 

夏なら「ビール冷えてます」などと、冷えていることをアピールし、

冬なら、「日本酒に合う、美味しい鍋あります」など、温かさをアピールします。

これは、お客さまの反応を見て、試行錯誤してみてくださいね。

 

昔のお寿司屋さんが敷居が高いと言われたのは、

どのような寿司ネタを出すのか分からない。

料金表が出てないから分からない。

ということに起因するものだと思います。

 

今日のまとめ
店頭のPOPをお客さまに「読ませる」ではないのです。「見せる」ことです。
お店の前に打ち水をしてみるのもひとつの方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:飲食店

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ