イメージ画像

飲食業のための、現金残高を毎日合わせるため6つの方法

レジの現金管理がおろそかになっていませんか?



エステや飲食業のような現金商売の業界では日々、レジ現金の出し入れが頻繁に行われます。このため、現金の取り扱いがルーズになりがちです。レジの現金管理をどのようにすれば良いのでしょうか?


レジの現金管理の基本は4つだけ



(1)レジ現金は売上代金と釣り銭の支払に限定する。
レジの現金は、お客様からいただく代金の入金とお客様への釣り銭の支払いに限定し、それ以外はレジから出し入れしないようにします。少額の経費の精算などは、レジのお金
ではなく金庫内の小口現金で行います。


(2)毎日の開店前は、釣り銭だけを入れておくようにする
開店前は、レジの中にはあらかじめ金額・金種を設定した釣り銭だけを入れておき、余分なお金は入れないようにします。


(3)毎日の閉店後は入金額を確認する
閉店後は、実際の現金残高とレジの入金額が合っているか確認します。合っていない場合は、原因を解明します。


(4)売上代金は、専用の預金口座をつくって全額預け入れる


閉店後のレジ内の現金は、翌日の釣り銭を残し、原則、毎日ATMや夜間金庫で預金口座に預け入れるようにします。なおこの場合の預金口座を売上代金の預入専用にしておく
と営業日ごとの売上が通帳等でも把握できます。


レジ現金管理の6つのチェックポイント


  1. レジの中の現金は金種ごとに分けて、常に整理しますか
  2. 早番と遅番が引継ぎを行うときは、双方立ち会いの下でレジの現金を確認しますか
  3. 閉店後などにレジの金額を確認するときは2人以上で行っていますか
  4. 特に現金売上が多額な場合、2人以上で預け入れに行くようにしていますか
  5. 社長(または店長など)は定期的にレジの現金管理をチエックし、ルーズな部分があれば、改善していますか
  6. 自社独自の管理方法が実施されているかチェックしたか。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:飲食店

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ