イメージ画像

領収書の記帳を”ほぼ”自動化する方法

領収書の入力を自動化できたら便利

 

領収書の整理や入力が、かなり面倒と感じている自営業や税理士は多いと思います。
税務署への申告期限が近くなり、あわてて領収書データを入力している。
そんな姿が目に浮かびます。

楽に申告書を作成できたらと考える人が多いはずです。
そんな人達の悩みを解決するサービスが「トッテオクール」です。

http://totteokuru.com/

 

その名のとおり、

領収書を「撮って送る」だけで、データ入力を代行してくれます。
こんなトッテオクールさんと打合せしてきました。
今までは個人事業主様をターゲットとしていました。

今回は、会計事務所向けのサービスも提供してくれます。

 

お客様の領収書などの記帳代行作業をしている税理士事務所は少なからず存在します。
2人で入力して内容を照合するため、誤りが少ないです。
また使えば使うほど、勘定科目の正確性が増します。
入力した内容はcsvデータ(Excel)で入手可能。

csvをTKCや弥生会計、freee(フリー)などの会計ソフトに取り込めば、
領収書を会計ソフトへの入力する手間が省けます。

私はExcelのマクロを使って、会計ソフトへ取り込んでます。

クラウド型会計ソフトfreee(フリー)は、預金の入出金やクレジットカードも自動取込可能です。

どうしても現金での出費は、手入力せざるを得なく、freeeでは限界がありました。
トッテオクールのデータをfreee(フリー)にアップロードすれば、記帳の全自動も夢ではありません。

(勘定科目の確認と消費税の確認は現実的には必要)

つまり、トッテオクールとfreee(フリー)を使えば”ほぼ”全自動

決算書まで作れてしまいます。

トッテオクールについて詳しく知りたい方は、こんなイベントもあります。

参加資格はトッテオクールに興味のある人です。
よければ遊びにきてくださいね。

 

【参考】私がトッテオクールを取材した時の記事です。

http://case.dreamgate.gr.jp/smart-business_detail/id=1618

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ