イメージ画像

ビジョンの作成その2~事業分野・業界分野を明確に

前回経営計画を作成する際は、ビジョンが大切ということを書きました。
ビジョンは次の5つに分解ができますね。

(1)事業分野(業界)
(2)経営資産(ヒト・モノ・カネ)
(3)競合他社・競合事業
(4)経営理念
(5)業界特有の構造・慣習

今回は、この中で(1)事業分野(業界)をもう少し詳しく説明します。

会社がどのような事業分野を設定するのか、つまり事業領域を設定するのかはとても大切なことです。

事業領域は技術と市場の組み合わせです

技術とは、製造業に限らず、商品やサービスなどを想像してみてください。
また市場はターゲットとするお客さまと思うと分かりやすいと思います。

会社の経営する事業ごとに
既存の技術や既存の市場をどのように選ぶのかを考えることが事業領域を作成することです。

もう少し具体的に見ていきましょう。どのような選ぶかは次の3つに分解できると思います。
(1)既存市場で関連市場に打って出る
(2)新技術を開発し導入する
(3)新市場に新技術で進出する
これらの中で意思決定することが大切なんです。

たとえば飲食店、それも韓国料理店の場合・・・
(1)既存市場で関連市場に打って出る

韓国料理店がキムチなどの韓国惣菜のネット販売をする。

(2)新技術を開発し導入する

韓国料理店が新メニューを開発する。

(3)新市場に新技術で進出する

韓国料理店が中華料理のお店をオープンする、または中華料理の惣菜をデパ地下で出店する。

このような形で考えてもらえればと思います。

経営者が何をどうしたいのか、非常に大切です。
これは具体的にどんどん紙に思いつくだけ書いた方が良いでしょう。
考えに考えたアイデアや方針はしっかりしたものです。
目安としては、60個を紙に書きましょう。
私も会計事務所を経営する上で、常に紙に書きだして考えています。

実際には思いついたアイデア99%はボツになってしまいますが、
どんどん書きましょう。
脳みそで汗を書くという表現が似合いそうですね。
ボストンコンサルティンググループやマッキンゼーなどの世界的な戦略系コンサルティング会社が
言ってるのと同じなんですよ。

私も私のお客さまと一緒に考えます。
このように事業分野(業界)を明確にする作業が私が仕事をしていて、最も楽しい時間のうちの一つです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ