イメージ画像

情報の分析・評価方法 その7

こんにちは。経営計画作成のエキスパートで公認会計士・税理士の李 です。

前々回 では、情報は必ずしも正しいとは限らない。

情報から意外な事実の発見があることを書きました。

そして、前回 では情報の分析方法をの例を紹介しました。

今日も情報分析方法の例を一つ紹介しますね。

今日の分析手法の一つはフローチャートです。

簡単に問題発見から、解決までの大まかな流れを

フローチャートにしました。

上のフローチャートでは、

①事実として何があるのか?

②問題点

③問題が起きた結果として、どのようなことが生じたか?

④解決策

と、大まかな流れを示してます。

この他に原因ごとに何をどうするのか?

具体的な解決策を示していきます。

全体の森を見てから各論の木を見ていくのが利益を伸ばすコツです。

社長や経営者が何をどうするのか、

課題を図示した方が分かりやすいです。

実際の私のコンサルティングでも、

イメージしやすく分かりやすく説明してます。

ブログでは、フローチャートも簡略化したものを使っています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ