イメージ画像

経営計画を作成するメリット(下)

こんにちは。経営計画作成のエキスパートで公認会計士・税理士の李 です。

前回、経営計画を作成するメリット を紹介しました。

経営計画を作成すると急がば回れで、利益を伸ばす確率が上がる

という話をしました。

経営計画を作成するメリットの2つ目を紹介しますね。

それは

銀行から融資を受けやすくなります。

経営計画を作成している企業は、日本ではかなり少数派に入るでしょう。

特に従業員50人以下の会社で経営計画を作成している会社はほとんどないのが、現状ではないでしょうか?

しかし、経営計画を作成している企業は倒産する確率が低いということを

銀行は経験則で知っています。

銀行は毎年経営計画を作成している企業を優遇してくれます。

銀行から優遇される企業となるヒントを一つお教えしましょう。

それは、
自ら決算説明会をしたいと称して、銀行に説明に出向くのです。

融資先の企業情報を知りたいのはどの銀行も共通です。

まず断られることはないでしょう。

そこで、1年の決算として利益がどのくらい出たか、

そして経営計画を作成して来期の目標を銀行に発表するのです。

発表の上手い、下手は関係ありません。

大切なのは熱意です。

発表する時は銀行の支店長に同席してもらうよう、お願いしましょう。

銀行の支店長は融資決裁権限を持っているためです。

※最近は一定額以上の融資決裁権限は、本店審査と言われますが、
メガバンクを除けばまだまだ支店長の権限が強いのが実態です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ