イメージ画像

経営計画を立てる前に

私は経営計画作成と実行支援をしています。
実際に経営計画を作る前に、面談の方の会社の様子をお聞きします。

場合によっては現場に行って、現場がどのような状況なのか確かめます。

製造販売業なのに、お客さまへ販売する商品を雑に扱ったりしているケースなど、

経営計画作成以前に改善が必要な場合が多いです。

商品の返品率や不良品発生率が高いケースは、

商品を丁寧に扱うことで、返品率や不良品発生率が低下し、
在庫保有高が減ったりするケースが多いのです。

在庫が減るとその分資金繰りに余裕が出ます。
何が言いたいかというと、

経営計画を立てる前に現場ですぐにでも実行可能な改善した方が

売上が伸びたり利益が伸びたりするケースが多いのです。

経営計画を立てる以前に身近な改善点を実行する方が
利益アップの近道なのです。

銀行から経営計画を作成・提出する必要に迫られているお客さまには、

銀行に同行して現場の状況を説明します。

銀行には経営計画を立てる以前の問題として、
経営改善(現場改善)の項目を提出して、
経営計画の提出期限を延ばしてもらうようお願いすることもあります。

税理士を始めとする士業はすぐに経営計画を立てましょう!
とか言うけれど、それが本当にお客さまのためですか?

といいたいのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ