イメージ画像

常識をくつがえすPDCAとは? 前編

PDCAを実行するだけでは、不十分



先日、東芝のCFOの講演を聞きに行きました。聞いた内容は、世界最先端の企業では、月次でPDCAを回すだけでは不十分ということです。

PDCAとは、計画(Plan)、実行(Do)、検証(Check)、改善(Action)のサイクルを言います。つまり、中期経営計画や1年ごとの短期経営計画を立て(Plan)、計画を実行し(Do)、計画と実行結果の差異を分析し(Check)、次期の行動計画を立てます(Action)。PDCAの精度はともかく、多くの大企業や年間売上高10億円以上の中小企業では月次でPDCAを実行しているかと思います。

PDCAを月次では無く、週次で回すことが大切です。中には日次でPDCAを回している企業もあります。日次でPDCAを回しているのはパソコンの部品メーカーのような会社です。パソコン部品は1週間で1%価格が下落すると言われています。このように毎日のように部品価格が変わるような企業は1ヶ月単位でPDCAを回していたら、意思決定が遅くなるのです。

PDCA大企業のPDCA


なぜ、PDCAを1週間で回す必要があるか



PDCAを1週間で回す必要性は、ビジネススピードの早さです。例えば、札幌では在庫が余っているが、福岡では不足。名古屋では資金余剰だが、東京は資金不足で銀行借入を行う。このような経験をした会社はあると思います。私も会計監査をした会社で、いわゆる無駄がありました。もちろん、中には子会社からの資金を吸い上げて、親会社が資金繰りも一括管理し、資金の最適分配をしてる会社もありました(それもエクセルで!)。


PDCAを高速で回すメリットは次の通りです。

  1. 資金繰りで無駄が出ない。利息の削減
  2. 顧客の要望に素早く対応可能
  3. 在庫の圧縮
  4. 工場や営業の稼働率があがる

週次で高速にPDCAを回す方法とは?



まずは情報収集から始めましょう。意思決定に必要な情報はなにか?売上高なのか、在庫情報なのか、工場の稼働率なのか、会社により異なります。私のおすすめは売上高だけでも日次で把握することです。
売上高と言っても、様々です。店舗別、営業担当別、製品別、地域別などの売上データが取れることもあります。また、男女・年齢別にどの程度、売れたのかのデータも役に立つかと思います。


しかし、いずれは限界がきます。というのも、意思決定に必要なデータが細かすぎると、情報収集に時間がかかり、意思決定が遅くなります。また集計をエクセルに頼ると、集計ミスが生じます。PDCAを高速かつ、意思決定も高速で行うには、エクセルでは限界が来ます。


次回は高速でPDCAを回すための事例を紹介します


【参考】一般的なPDCAを掲載しておきます
pdca



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ