イメージ画像

料金設定に注意すべきたった1つのこと

こんにちは。

今日は商品、製品やサービスの料金設定についてお話します。

商品、製品やサービスはターゲットによって決まります。

次は料金をどのようにすべきかです。

特に私のような士業ではサービスの価格が見えにくいとお客さまから言われます。

だから価格競争になりやすいんですね。

売る側の論理からすれば、料金ではなくサービスや品質で選んでもらいたい。

 

買う側の論理からすれば、なるべく安い方が良いと考えます。

 

でも、高くても売れてる製品はありますよね。

 

飲食店では、ビールが良い例です。

ホテルやバーのビールは高いです。

一方、天狗などの大衆居酒屋のビールは安いです。

ホテルやバーではなぜ高くても売れるのでしょうか?

 

皆さん、ホテルやバーの雰囲気やサービスに対価を払ってるんですね。

サービスや雰囲気に高いビールを飲む価値があると思うから、

ホテルやバーの飲食部門が成り立つのです。

 

もちろん、安くておいしいのが一番です。

 

記念日に高級なお店で食事をしたいと考えたり、

場合によっては、たくさんある飲食店の中から好ましいと思うお店を選択します。

どんなお客様にどんなサービスや商品を提供するのかによって

料金はおのずと決められるでしょう。


メインターゲットがどんな価格帯を求めているのか

を考えることで、価格帯が決まります。

注意すべきことは、価格帯が高くなればなるほど、
品質もサービスも高水準が要求されます。

利益を考えて、高めに価格帯を設定すると、
その分お客さんの評価の目も厳しくなりますし、
満足してもらえなければ、お客さまとの信頼関係は築けません。

つまり、リピーターになってもらえません。

顧客単価も購買頻度も上げたいのであれば、

よりよいサービスを提供できるようにしましょう。

どうしても価格帯を決められない場合には、
同業他社の価格帯を調査し、どのようなサービスを行っているのかを

参考にしてみるというのも一つの方法です。

今日のまとめ
(1)ターゲットがどんな価格帯を求めているのかを見極めましょう。価格帯が分からなれば同業他社を調査しましょう。
(2)顧客単価を上げるためには、品質の他、サービスの質も上げましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 飲食店

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ