イメージ画像

相続税の見込客を獲得する方法

相続税の見込客を獲得する方法

相続はいつ発生するか分かりません。だから相続税の見込客を獲得する
見込客をリスト化するのは難しいと考える税理士は多いはずです。
私もそう思ってました。
昨日(2014年4月16日)の税理士向け研修で、立川で開業している
小嶋さんに話してもらいました。
相続税に力を入れている税理士事務所です。

小嶋さんを講師を呼んだのは私です。
受講者からは感謝されました

見込客をどのように作るか?

見込客は黙っていても、集まりません。努力が必要です。小嶋さんのノウハウを残念ながら、このブログで書く訳にはいきません。
ノウハウの一端を書くと、セミナー開催する。そして、セミナー講師で呼ばれるようにするのです。

セミナー開催しても、どのように集客するの?という疑問が湧いてくると思います。

見込客は黙っていても集まらない

見込客は黙っていても、紹介してくれるほど大規模な税理士事務所なら問題ありません。しかし、大多数の地盤なし・コネ無し税理士は、自分で営業するしかないのです。ダイレクトメール、ネット広告。チラシを撒くなどの方法があります。
この点、時間の関係上小嶋さんは話を省略していました。が、研修ではヒントがたくさんありました。

まだ相続事例のない、最先端な相続法とは?

小嶋さん、税理士という相続のプロでも知る人ぞ知る、相続法についても話してくださいました。まだ日本では事例がない相続方法です。銀行の協力も必要です。銀行でもまだ前例がないので、取り扱いがない銀行が大多数とのこと。元々の信託銀行であるりそな銀行は事例があると話してくださいました。言われればわかるのですが、私も目からウロコの話が盛り沢山です。

受講者の評判も上々です。
事例が豊富な研修(セミナー)はありがたいというのが私の感想です。

小嶋さん、ありがとうございました!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ