イメージ画像

経営計画作成すると利益が伸びる

先日、個別相談に来たお客さまからこのような質問を受けました。

経営計画を作成すると、利益が伸びると言います。
経営計画を作成しない場合と比較して、
経営計画を作成すると利益がどのくらい伸びるのですか?

この質問に対して、私は次のように回答しました。

利益がどの程度伸びるかは会社によりそれぞれ条件が異なるので
一概には言えません。

しかし、利益を伸ばした企業の割合については統計がありますよ。

2008年度と少し古い統計ですが、中小企業庁が発表しています。

それによると、経営計画を作成した会社のうち、
付加価値額を5年で15%以上伸ばした会社の割合は53%です。
意外に多いのです。

一方、
「一般の中小企業」では付加価値額を15%以上伸ばした会社の割合は19%
です。

会社数の割合となってしまいますが、3倍近い差があります。

ここで注意して欲しいのは「一般の中小企業」という表現です。
この「一般の中小企業」は、経営計画を作成したかどうか
不明の会社も含んでるんですよ。
つまり、経営計画を実際に作成しても「一般の中小企業」に分類されている
会社もあるということです。

実際には経営計画を作成した会社とそうではない会社と比較した場合、
5年で付加価値額15%以上を達成した会社の割合は3倍以上でしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ