イメージ画像

補助金をもらって地域活性化

こんにちは。

公認会計士・税理士の李です。

地方経済の疲弊が厳しいという声が聞かれる日本ですが、

町おこしで成功している例もあります。

今日は町おこしの成功例と補助金についてお伝えします。

高知県に馬路村という小さな村があります。

この村は、「ごっくん馬路村」という名前で町おこしをしました。

スーパーで「ゆずポン酢」の商品を見たことがある人も多いと思います。

このようなラベルのポン酢です。

 

 

 

 

 

 

 

ごっくん馬路村の成功要因とは?

 
 

馬路村が成功した要因をまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、 高知県の関係者と話す機会があり、裏話を教えてもらいました。

馬路村も、最初は農協の職員1人が地道に活動されてたそうです。

活動が次第に大きくなっていき、全国的にも有名になったそうですよ。

 

 

地域活性化を促す国の支援

 

国は地域に対してどのように支援しているのでしょうか?

ちゃんとした支援を国もしています。

 

1 )地域資源を活用した商品の展開に対する支援

中小企業を支援するために、「中小企業地域資源活用プログラム」があります。

(リンク先は中小企業庁です)

このプログラムでは、主に次の2 点が支援の特徴です。

1、 域外市場を狙った新商品等の開発・事業化に対する支援

2 、地域資源を活用した新たな取り組みの掘り起こしや地域資源の価値向上
(ブランド化など)に対する支援
次回以降に、「中小企業地域資源プログラム」から、

「中小企業地域資源活用促進法」による認定が必要な支援と、

認定が不要な支援について、それぞれ代表的な支援制度を紹介します。

この他にも、様々な認定支援がありますので、少しずつ紹介していきます。

そして、地域活性化をしたい中小企業の支援制度も紹介していきます。

 

地域活性化・地方企業の活性化についてはこちらかにお問い合わせください。

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 経営計画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ