イメージ画像

魚のいない釣り堀では魚は釣れない

こんにちは。

公認会計士・税理士の李です。

 

今まで何回か、ターゲットを探しましょうという話をしてきました。

皆さんはターゲットが決まっているでしょうか?

たとえば、競争が厳しい分野や業界・サービスで自分の力を試したいという人もいるかもしれません。

 

競争が厳しい飲食店を例に取りましょう。

 

韓国料理店であれば、新大久保に多くの店舗があります・
ラーメンは、渋谷と池袋が激戦区といわれています。

確かに専門の飲食店街には、多くのお客さまが集まりますし、
食材なども手に入り易いなどメリットもあります。

一方で、ライバルも多いのです。

ライバルが多い中で、お店を繁盛させるには、並々ならぬ努力が必要になるのは想像できますよね。

初めてお店を出す人には、ライバルが多いのは、ハードルが高いかもしれません。
2店舗目、3店舗目の時にチャレンジしたい!!という気持ちは持っておくと、
やる気にも繋がっていくはずです。

では、最初の店舗はどんな所が理想でしょうか?

ライバルが少なく、できるだけお客さんが集まる場所がベスト

とはいえ、そういった場所は簡単に見つかるものではないです。
店舗の場所はターゲットによっても適切な場所が変わります。

開店を急ぐあまりに、「ここでもいいかぁ」と妥協し、

不本意な場所に出店するようなことは決してしないでください。

出店場所は大変重要な問題ですから、納得がいくまで
じっくりと腰を据えて探すことをお勧めします。

 

では、具体的に場所を絞り込むにはどんな点に注目すればいいのでしょうか?

例えば、ビジネスマンをターゲットにするのであれば、オフィス街に店舗を構えるべきでしょうし、
主婦層をターゲットにするのであれば、住宅街が良いでしょう。

さらに付け加えるのであれば、ターゲットと店舗のイメージは詳細であるほど良いですよ。
例えば、「高級住宅街に住む子持ちの主婦が、ママ友と一息つける喫茶店」といった具合です。

このぐらいのイメージがきちっと決まっていれば、
店舗を構える場所も決まってくるでしょう。

狙う客層と出店場所がちぐはぐであると、
取り返しがつきませんから、気をつけてくださいね。

既に、出店場所が決まっているのであれば、どの客層を狙うべきかを考え、
狙いたい客層が決まっているのであれば、
出店場所をどこにすべきかをしっかりと考えましょう。

 

と飲食店の話に終始してしまいました。

飲食店でも飲食店以外の業種でも同じことです。

誰もライバルがいない。でもターゲット(見込客)はたくさんいる場所を見つければ良いのです。

釣り堀を例えにして私はよく話します。

魚(ターゲット)がいない釣り堀に釣り針をおろしても、魚は釣れません。

一方で飲食店のお客さま(魚)はたくさんいます。

でも、ライバルの釣り針を垂らす人も多いのです。

 

自分で釣り堀を決めてしまえば良いのです。

釣り堀をどのように設定するか、腕のみせどころです。

例えば私なら、次のようなお客さまをターゲットとしています。

お客さまの集客を支援する日本で唯一の公認会計士です。

 

今日のまとめ
(1)見込客は多く、ライバルが少ないサービス、業界、製品をターゲットにしましょう。
(2)釣り堀は自分で決めてしまいましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 飲食店

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ