イメージ画像

経営計画作成に必要な5W3Hとは?

経営計画は、事業を振り返り、今後の一定期間における事業を見通し、経営ビジョンを達成するための道筋を明確にするものです。
いわば羅針盤のようなものですね。

経営計画を一度立てたら、ふらふらしてはいけません。

なぜなら、従業員がどのように行動すれば良いのか、目指す方向が分からなくなりますから。

 

経営ビジョンと現状との差を埋めのが経営戦略と呼ばれるものです。

経営戦略をどのようにして作成するか、いってみれば

経営計画をどのように作成するかは、次の視点を入れることが大切です。

 

なぜ(Why)
いつまでに(When)
何を(What)
誰が(Who)
どこで(Where)

どのように(How)
いくらで(How Much)
どのくらい(How Many)と

5W3Hの視点で、具体的な内容を記載したものが経営計画です。

経営計画がないと、場当たり的な経営となることが多いんです。

と、ここまでは一般的なことを書きました。

 

肝心なのはここから。

私も同業他社のホームページをよく見ます。

そして、セミナーでも繰り返し言うことがあります。

 

5W3Hはどんな時でも重要ですよ!

 

ホームページをみてみると自社サービスのアピールする会社が多いです。

スターバックスやマクドナルド、トヨタなどの大企業ならブランドが確立されているので、

自社製品・サービスのアピールでも良いでしょう。

普通の企業なら、自分で自分のこと凄いと言っても誰も信用してくれません。

 

ホームページでも同じです。

自分で自分のことを凄いといっても信用されないから、ホームページにお客様の声を載せると

不思議と信用してくれます。

 

ホームページで集客できてる会社さんは、圧倒的なお客様の声を載せまくってます。

 

5W3Hの話に戻ります。

 

ホームページを見た見込み客に対して、次にどのような行動を取って欲しいか、

どのような行動を促したいのか、考えてみてくださいね。

 

例えば、

メルマガに登録して欲しいのか?

電話をかけて欲しいのか?

セミナーに参加して欲しいのか?

です。

5W3Hは、経営計画作成の時だけではなくても、普段の業務でも必要です。

取引先に情報を伝える、報告する時も意識してみてくださいね。

 

経営計画_5w3h

タグ

2013年5月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営計画

今のお店の営業業態は、改善の余地がありませんか?

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

今日は、経営が軌道にのりつつあり、

少しずつ固定客が増えていった飲食店がさらに売上アップを実現させた例をご紹介します。

 

もちろん、中には「店舗を大きくするつもりはないし、

このままで充分だ」と考える人もいるかもしれません。

しかし、景気や近くにライバル店ができたりなど、状況は刻々と変わります。

 

今は、経営が安定していても、

いつどこで悪くなるかは誰にも分かりません

ですから、最大限の努力をする必要があるでしょう。

 

 

この飲食店の経営者は、営業時間や接客、運営手法などを細かく改善の余地がないか、

常に考える経営者です。

 

お昼の時間帯では、多くのお店では、お客さんが入り混雑する時間帯でしょう。

この経営者が凄いのはここからです。

11時30分に、店長自らが、街頭に出て声を出して集客しているのです。

私は正午になれば、満員になるのが確実な繁盛店なのに、

なぜ、11時30分に呼び込み集客するのか、質問しました。

 

店長の答えは、11時30分過ぎに満員にすれば、12時30分からのお客さまを

呼び込める。お昼は顧客が1回転のところ、2回転できるので、

売上が2倍になるはずだ!!

というんです。

これにはなるほどと、思いました。

 

逆にお客さまが入らない時間帯もありますよね。

もちろん、これは仕方のないことです。

 

あまりにもお客さんが少なすぎて採算が取れない場合、

その時間帯の営業を中止してしまうこともあるのです。

例えば、東京大手町のビジネス街では、土日の夜は、ほとんど誰もいないです。

このような曜日・時間帯にお店を空けても仕方ないですよね。

むしろ、休んだ方がリフレッシュにつながります。
逆に、営業をしていないけれど、潜在的なお客さんがいる可能性もあります。

こういったことを検討しながら、改善の余地はないかどうかしっかりと見極めてくださいね。

 

スタッフ T

 

タグ

2012年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 飲食店

入口まで来た見込み客にお店に入ってもらう方法

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

 

今日は飲食店でお店に入るかどうか迷われているお客さまに入店してもらうコツを

お教えしますね。

 

飲食店の特徴として、お客さまがお店の入った瞬間に売上が確定します。

つまり、入口を越えた瞬間に「お客の財布の紐が緩む」のです。

このようにイメージすると、売上が確定する直前段階である、店舗前に工夫が大切と理解できるでしょう。

 

モスバーガーなどは、店舗前のボードに絵や文字を描いてますよね。

私も思わず見てしまいます(笑)。ここで重要なのは、

お客さまに「見せる」ことです。「読ませる」ではないのです。

お客さまは歩きながら、ボードを見るので、文字が多いと読んでくれません。

文字だと、読むのに時間がかかり、

せっかく少しでも入店の可能性があるお客さまを逃してしまうことになります。

 

大きな絵を描くことでどんなお店なのか、例えば魚が美味しいお店なのか、

お肉にこだわりがあるのか、お客さまがイメージできるようになればベストです。

 

絵を毎日描くのは大変という方もいるでしょう。

その場合の最も簡単な方法を教えます。

夏限定ですが、ズバリ、

お店の前に打ち水をする。

たったこれだけです。これだけで集客が変わりますよ。

他にもPOPという形でお客さまの目を惹きつけることも重要です。

 

夏なら「ビール冷えてます」などと、冷えていることをアピールし、

冬なら、「日本酒に合う、美味しい鍋あります」など、温かさをアピールします。

これは、お客さまの反応を見て、試行錯誤してみてくださいね。

 

昔のお寿司屋さんが敷居が高いと言われたのは、

どのような寿司ネタを出すのか分からない。

料金表が出てないから分からない。

ということに起因するものだと思います。

 

今日のまとめ
店頭のPOPをお客さまに「読ませる」ではないのです。「見せる」ことです。
お店の前に打ち水をしてみるのもひとつの方法

タグ

2012年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:飲食店

このページの先頭へ