イメージ画像

見込客を自社に取り入れるたった1つの方法

皆さんの会社に人気の商品やサービスはありますか?

 

顧客の心理として、今すぐにはサービスや商品は欲しくないけれど、急に欲しい時がある。

という経験をしたことはありませんか?

今日は不動産賃貸を例にして、お話しましょう。

家を引っ越したいということなんて、いつになるか通常分からないですよね。

急に思い立ったり、引っ越を事前に計画したり、いざ不動産屋周りをするものです。

 

不動産賃貸業者からみれば、どこに営業したら良いのか分からないです。

ということを前提に、今日のコンテンツを読んでみてくださいね。

 

不動産であれば見込客が「新居に引っ越したい」と思った時、
幾つかの不動産屋が思い浮かぶと思います。

 

その中でも「飯田橋のガスコンロが3つあるキッチンのある部屋に住みたい」と

特定の要望を思い浮かべた時、
不動産屋さんの中で、どのような順位付けをすることでしょうか?

 

この時、思い浮かぶ順位が高い方が実際の店舗に来店してもらえる可能性が高いです。

 

つまり、不動産というサービスが見込客の中でリンクしていればしているほど、
来店率が高いということになるのです。

 

例えば、「引っ越したい」と思った時、思い浮かぶのは、

様々な賃貸物件を豊富に取り扱ってるホームページでしょう。
頭の中で「不動産=特定のサイト」になっていれば、
新居に引っ越したいと思った時点で、そのサイトを利用することが確定しているも同然です。

 

 

引っ越したいと思った時に、

真っ先に思い浮かべてもらえるお店・ホームページサイトになるというのが大切なのです

 

ちなみに、皆さんは不動産ではどのようなサイトを思い浮かべるでしょうか?

不動産の有名サイトでは、

見込客がいつ契約に結びつくか分からない。

だから、引っ越したいと思った瞬間に、弊社サイトを思い浮かべるようにしよう!

という戦略のもと、サイトを構築しているそうですよ。

 

今日は不動産賃貸を例に出しましたが、どの業界、商品、サービスも同じことが

言えますよ。

 

私も売上アップしたいと思ったら皆さんに思い出してもらえるように頑張ります。

今日のまとめ
(1)商品・サービスを欲しいと見込客が欲しいと思った時に、自社を思い浮かべてもらえるようにしましょう。
(2)自社の強みと弱みを「経営資源」、「生産プロセス」、「販売プロセス」別に把握しましょう。

タグ

2012年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

このページの先頭へ