イメージ画像

消費税で追徴課税?

経営者のあなたは会計帳簿をきちんとつけてますか?

帳簿を正しく付けないと、消費税という思わぬ税金がかかってしまいます。

「帳簿”及び”請求書等の双方の保存」

が消費税法に記載されてます。

これは何気なく書いてあることであっても、非常に大切なことなんです。

帳簿をどのように書くか、消費税法に記載されてます。

イ 課税仕入れの相手方の氏名又は名称

(1)原則として、正式名称(フルネーム)
(2)中古リサイクル業など不特定多数の者から課税仕入を行う事業の場合は省略可能

ロ 課税仕入れを行つた年月日(課税仕入れを行った年月日が異なる場合にはその日付も記載)

(3)商品の引き渡を受けた日(相手先がサービス業なら、その役務の提供を受けた日)
(4)水道光熱費や電話料金、賃貸料など、一定の使用料については、「平成25年4月分」といった記載でよい
ハ 課税仕入れに係る資産又は役務の内容

(5)取引内容(商品名等)
(6)正式名称でなくても、食料品代や部品代、文房具代など消費税が課税される物品や役務の提供であることが判断できる程度の記載でよい

ニ 支払対価の額(税込)

(※斜め字は、法律文言より筆者加筆)

イ、ロ、ハ、ニの4つの要件を満たさないと、消費税の仕入控除は認められません。

領収書には、4つのことは書いてあるでしょう。しかし、あなたは帳簿に商品内容やどこから仕入れたか?

取引先名を帳簿に書いてますか?

 

書いてない人は、消費税の仕入税額控除が否認される可能性があります。

ぜひとも書きましょう!

最後に仕入税額控除が税務署から否認されると、追加でどのくらい納税しなければならないか、

簡単にシュミレーションしてみましょう。

売上1億円、費用が7千万円、利益が3千万円で例に取りましょう。

通常なら、150万円の納付で良いものが、

仕入税額控除が全額否認されると追加で350万円の税金を収めなければなりません。

 

消費税課税仕入控除が否認されると追加で税金納付

消費税課税仕入控除が否認されると追加で税金納付

今はまだ消費税が5%だから良いです。

が、今後消費税率が8%・10%と上がっていくことが予想されています。

もし、税率が10%としたら、700万円も追加で納税しなければならなくなります。

会社の資金繰りに影響をおよぼすはずです。

帳簿は正確につけましょう。

備えあれば憂いなしです。

 

タグ

2013年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:税金

資金繰りに困らない消費税アップ対策

資金繰りに困ってしまった。回避する方法

急場をしのいだ。来月からの打ち手を考える

 

経営者のあなた。
資金繰りに困っていませんか?
消費税アップでアタマを悩ませていませんか?
今月は乗り切った、来月はどうしようか悩んでいませんか?
資金繰りでアタマを悩ますのはもうやめませんか?

コツをつかめば、それは短期間で解決できるのです
短期間で会社を改善でき、資金繰りに困らなくなる。消費税アップ対策もできる。
大げさではなく、会社が変わります。

今回のセミナーでいますぐ改善できることといえば消費税アップ対策です。
残念ながら、資金繰りには今すぐには改善できません。
しかし、消費税アップ対策ができれば自然と資金繰りもうまくいきます。
なぜなら、消費税アップ対策ができれば、会社全体が自然と資金繰り対策につながるからです。
このセミナーでは消費税アップ対策を通じて、資金繰り対策もお伝えします。

多くの会社は資金繰りに苦しんでるのに有効な手立てが打てない。
銀行が追加融資に応じてくれない。
こんな経験をしたり、聞いたことがありますよね。
はために優良企業が羨ましいと思ったことがありますよね。
資金繰りに困るマクドナルドを想像できますか?

他の優良企業も同じです。
優良企業とは、資金繰りに困らない企業なのです。

資金繰りさえうまくいけば、会社全体がうまく回る。
さらなる飛躍のチャンスが広がります。

多くの経営者が資金繰りに何年も苦しむのにたいして、
あなたは数日で走られる道を選択できるとしたら、どちらを選んでみたいですか?

資金繰りを改善することはあなたにとって難しくありません。
ただし、普通であれば何年かかっても改善しません。

私も資金繰りに対策セミナーや消費税対策セミナーに出席したことがあります。
しかし、その内容のほとんどは今すぐ使える内容ではありませんでした。

資金繰りに対策には資金繰り表を作成しましょう。
銀行に現状を話しましょう。
このような内容ばかりです。

あなたがすぐに役に立つ内容でしょうか?

もちろんすぐ役立つ内容あるでょう。
しかし、もっと役立つ内容は資金繰りを改善し、成果を出すことです。
私は社長でもありませんし、銀行員でもありません。
より実践的で、実務的な内容をお伝えします。

私は税理士という型から外れても、実務的な内容をお伝えします。

今回まず私が提案したいのが、みなさんが資金繰り改善の効果を実感することです。

絶対に聞いてソンはしません。
「提案の意義説明」
本当に私でもできるのだろうか?

誰もがそう思います。しかし、実際に実行してみれば、面白いように改善していきます。

 

いまの経営状況に行き詰まりを感じている
何か会社に変化をもたらしたい、
会社を成長させたいなど
みなさんにぜひ聞いていただきたいのです。
くセミナー概要>
■日時
第1回2013年10月31日(木)19:00~21:00

第2回2013年11月15日(金)19:00~21:00

※どちらも同内容です。ご都合の良い日程でお申込みください。
■会場
李総合会計事務所 会議室
■参加費
お一人様¥5,000(税込)
■お支払い方法
事前振込

※お申し込み後に、詳細をご案内いたします。

■講座内容
第1 部 今さら人に聞けない消費税の仕組み
(1) まず理解しよう~今回の増税のポイント
(2) 増税に消費者はどう動くか?
(3)事業全体で消費税に対応するには?
97年増税時のレビューから見る2014年増税時の予測

第2 部 経営への影響とその対策
(1)消費税増税で資金繰り圧迫?
(2)駆け込み需要とその反動対応
(3)銀行から選んでもらうのではなく銀行は選ぶもの
~銀行の選択の基本
(4)銀行の考え方も理解する
~銀行員も会社員
(5)在庫のムダをカットする

 

追伸
「でもほんとうに受ける価値があるのか」不安な方もいらっしゃると思います。
もし、講義をお聞きいただき、ご不満でしたら、この5,000円は返金いたしま
す。無条件で返金します。
その場合は、ご受講後、3日以内に、受付完了メールアドレス先に「ご芳名」「振
込先口座」をご記載のうえご連絡ください。理由は不要です。
振込手数料のみ差し引いた金額を返金いたします。
よろしくお願いします。

お気軽に参加下さい。まずは、下記の項目を入力の上、ご応募ください。

お申込みフォーム

開催場所 李総合会計事務所会議室(新宿区飯田橋)

開催日程(必須)

(1)御社名

(2)お名前(必須)

(3)メールアドレス(必須)

(4)TEL

(5)URL

(6)説明会に期待すること、質問などをお書き下さい

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

 

タグ

2013年4月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:セミナー

このページの先頭へ