イメージ画像

固定資産税額、500人に1人が修正?

こんにちは。

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

今日は税金に関する報道に関するブログです。

固定資産税について、注目される報道がありました。

TBSの2012年8月29日付けの報道からです。

リンク先はこちらです。

Youtubeにもあります。

報道内容を引用します。
====(引用ここから)====
行政の計算ミスなどにより固定資産税の税額を修正したケースが500人に1人の割合で起きていることが、JNNの報道を受けた国の調査で明らかになりました。

固定資産税をめぐっては、JNNが去年、行政による計算ミスや建物の評価額を決める際のミスにより税金を取り過ぎているケースが全国で起きていることを報道、これを受け川端総務大臣が調査を命じていました。

調査によりますと、この3年間で延べ22万人、納税者の500人に1人が税金の額を修正したということで、修正は97%の市町村で行われていました。

今回、明らかになったのは修正に至ったケースのみで、専門家からは「納税者も行政も気付いていないミスはもっと多いはず」という指摘も出ています。(28日16:34)
====(引用ここまで)====

22万人も税額修正ですか、すごいですね。
納税者も行政側も気がついてないというのは、私もその通りだと思います。

私も固定資産税の税額修正のサポートをさせていただいてます。

パンフレットもありますので、
よろしければダウンロードしてご一読ください。

(PDFファイルが開きます)

問い合わせ先はこちらです。
新宿区飯田橋の公認会計士・税理士事務所
李総合会計事務所

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:税金

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ