イメージ画像

アマゾンの日本での売上はどのくらい ~会計士による30分財務分析~

会計士による30分財務分析

今日から始めた会計士による30分財務分析シリーズです。会計士の私が財務諸表を読み、表やグラフ・ブログを書く時間も含め、30分で読者の皆さんに有用な財務情報を提供する目的で始めました。30分という時間制約上、ワンポイントに絞った分析をしていきます。なるべく投稿数を増やすつもりで頑張ります。週2回のペースで投稿予定です。第一回はアマゾンです。いきなり外国企業をとりあげます。今後も日本企業だけではなく、日本になじみのある外国企業も出来る限り取り上げていきます。


アマゾン、日本での売上は減少?した



まずは次の表をご覧ください。
アマゾン日本売上高2014年12月期

(単位:百万ドル)



アマゾンが2015年1月30日公表した年次報告書(日本の有価証券報告書)をもとに作成したものです。米ドル換算では2012年から2013年にかけて売上高が減少し、2014年ではV字回復しています。電子商取引の規模が伸びているのに、2013年は本当に減少しているのでしょうか?これは日本円から米ドルに換算するときの為替レート影響が大きいのです。

日本円に換算するとどうなるか?



日本円に換算するとどうなるでしょうか?毎期20%ずつ売上が伸びています。2014年での売上高は約9,458億円で前年比18.6%の増加です。2015年12月期では日本での年間売上高が1兆円を突破するものと思われます。


アマゾン日本売上高

(単位:百万円)(為替レートは三菱UFJリサーチコンサルティング株式会社提供)

会計上の注意点

為替レートの換算には注意が必要です。売上高など年間通して取引があるものは、期末日のレートではなく期中平均レートを使用します。つまり損益計算書に記載される科目は期中平均レートです。一方貸借対照表は、期末日レートで換算します。損益計算書とは違い期末日時点、つまり一時点での資産や負債だからです。


為替レートについては、こちらのブログも参考にしてください

まとめ



日本経済新聞2月8日付の報道によれば楽天の年間取扱高が2兆円を超え、前年比13%増加したとのことです。一方でアマゾンの日本売上高が約9,500億円で約18%の増加中国のアリババでは一日の過去最高取扱高が1兆円を超えたとの報道もあります(2014年11月11日)。日本ではEC(電子商取引)の取扱高が拡大していくでしょう。



タグ

2015年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:財務分析

PDCAで恥をかかないための最低限の知識

冒頭にクイズです。

PDCAって誰が考えたんですか?

 

PDCAとは、
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善することです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年12月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 経営計画

freee(フリー)のオフィスを訪問してきた

先日、クラウド型会計ソフトfreee(フリー)について記事を書きました。

そしたら、なんとフリーさんから連絡をいただきました。

嫌われたらどうしよう・・・。と思ったら、温かい眼差しで出迎えてくれて嬉しかったです。

 

freee(フリー)のサイトはこちらからどうぞ。

http://www.freee.co.jp/

 

freee会計ソフト

クラウド型会計ソフトfreee

 

訪問したのは私の他会計士仲間2人の合計3人。

 

アドバイザー登録すると良いことたくさん

freeeの機能説明の他、アドバイザー登録の案内までしてもらいました。

アドバイザー登録はこちらからどうぞ。

http://www.freee.co.jp/advisor

アドバイザー登録すると、アドバイザー限定のイベントに参加できたりします。

他にも良いコトづくめなので、興味のある税理士の方はぜひ。

 

アドバイザー登録は、公認会計士・税理士限定だと思っていましたが、認識相違でした。

freeeを広めてくれる意欲のある方なら、どなたでも申請を受け付けるとのこと。

審査の結果、添えないケースもあります。

例えば、飲食業のコンサルティングをしている人であれば、

飲食店にfreeeの利用を勧めるということで、アドバイザー登録申請してみてはいかがでしょうか?

 

 

良いところ

(1)Web上で作業できる
(2)Macにも対応
(3)預金やクレジットカードの自動取込
(4)スマホでも閲覧可能

 

(1)、(2)、(3)は、他の人もブログで書かれています。

ぐぐってみてください。注目は

(4)のスマホでも閲覧可能なことですね。

今までの会計ソフトでは、スマホから会計データの確認はまず無理でしたから。

 

(5)仕訳の知識が不要

 

仕訳知識不要をうたっている会計ソフトは他にもあります。

他の会計ソフトの違いは、操作が簡単であることだと思います。

クリック一つで勘定科目を選べたり、金額を入力するだけで、仕訳ができてしまいます。

便利な世の中になったものです。

 

(6)税理士との連携が楽

freeeは同時ログインが可能です。

税理士にアカウントを付与すれば、同じ画面をみることができ、

誤りをすぐに修正してもらえます。

私もすぐに修正してユーザーに連絡しました。

従来の会計ソフトだと、会計データがハードディスク内にあります。

このため税理士がユーザーにデータを送ってもらう、または税理士がユーザーへ訪問して、

ユーザーからのPC上で作業するのが通例でした。

この点クラウド型なのでユーザーも税理士も作業が効率化され、便利です。

なおfreeeは3アカウントまで無料です。

4アカウント目からは、1アカウントあたり300円/月です。

 

気になったこと
Web上のデータにアクセスするため、表示が遅いと感じることがある

こればかりは仕方ないですね。

 

まだまだ発展途上のfreee。

担当者もユーザーや公認会計士・税理士など多くの方からフィードバックをいただいて、

開発していき、より良いものにしていきたいと意欲を感じました。

 

帰り際にTシャツまで頂いちゃいました(私が欲しいとおねだりしたんです)。

freee(フリー)のTシャツ

 

Macユーザーから問い合わせもありました。

私にはすでに顧問税理士がいます。顧問税理士にfreee(フリー)対応をお願いしたいんです。

どうしたら良いですか?という問い合わせです。

その顧問税理士にfreee担当者を紹介することになりそうです。

このような問い合わせでも大歓迎です。

 

マックユーザーはMac対応会計ソフトが無くて困ってたんです

 

弊社のマックユーザーのお客様にfreeeの説明をしたら、

早速freeeにアカウントを作成して、利用を開始されました。

 

またfreeeのオフィスに再訪したいです。

一緒に訪問してくれる人も募集しますよ。

タグ

2013年12月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 税金 経営計画

このページの先頭へ