イメージ画像

法定実効税率は結局どうなるの?(2013年11月版)

税効果会計適用時における法定実効税率について、質問を受けることが多くなってきました。
質問内容は主に2つに分類されます。

(1)今後どのように実効税率が変更になるのか?
(2)法定実効税率をどのように算出するのか?

(1)今後どのように実効税率が変更になるのか?
2013年11月現在、復興特別法人税が1年前倒しでの廃止が検討されています。
廃止されるかどうかで、平成27年3月期の法定実効税率が変わります。

(2)法定実効税率をどのように算出するのか?

法人税率25.5% 住民税率20.7% 事業税率7.55%
復興特別法人税は法人税の10%

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:監査 税金

このページの先頭へ