イメージ画像

会社経営を成功させるための5つのS

皆さんは会社経営で成功している人の共通点をご存知ですか?

もちろん、仕事自体が好きだということは必要なことです。

もう一つ大切な共通点があります。

 

綺麗好きであることです。

 

製造業の世界では5Sと言われるそうです。

5Sとは、

整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つです。

 

製造業では5 S を実施することにより、無駄な作業がなくなります。

例えば、整頓をしておけば、必要な部品を探す時間の無駄はなくなりますよね。

 

整理整頓を実行できれば、生産性が向上します。

そして、過剰在庫がなくなりコストダウンにつながります。

さにに、職場の安全が保たれ、労働災害の減少にもつながります。

良いことばかりです。

 

特に飲食店なら、衛生面がとても重要です。

おいしい料理を提供し、素晴らしいサービスをしてくれるお店があったとしても、
衛生面に気を遣わず、廃業に追い込まれた飲食店があるのを

耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

衛生状態が悪ければ、どんな素晴らしいサービスを提供しても、
お客様から信頼されません。

お店がきちんと掃除されているかというのも、実はお客さんは良く見ています。

皆さんも、床やテーブルに埃が溜まっているようなお店に行こうとは思いませんよね?

もともと綺麗好きな人というのは、汚れなどに自然に気をつけることができ、
従業員にも、しっかりと掃除の教育をすることができます。

ですから、綺麗好きであることは、大変重要な資質なのです。

綺麗好きではないという人は、衛生保持の勉強をして、
徹底して身に付けていくようにしましょう。

掃除や衛星保持というのは、癖をつけてしまえば、そう難しいことではありませんから、
諦めずに、しっかりと学ぶようにしてください。

衛生管理は、飲食店経営の生命線だと言っても過言ではありません。

 

 

サービス業でも会社が5 S を正しく採用すれば、会社の利益アップにもつながります。

整理整頓された工場のように会社の執務スペースも綺麗にしておきましょう。

書類を探す時間は無駄な時間ですよ。

5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を成功させるポイントを

まとめてみましょう。

(1)全員参加

経営者が率先して参加しましょう。

(2)意識の共有化を図る

5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)といっても、どこまで綺麗にすれば良いのか、

人によって基準はバラバラです。意識統一を図りましょう。

(3)できることから始める

いきなり5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)すべてを始めても、疲れてしまいます。

できることから始めましょう。

まずは5Sの中から3つを選んで実践するのも一つの方法ですよ。

例えば、整理・清掃・整頓の3つから始めるなど、皆さんの会社に応じて考えてみてください。

 

 

今日のまとめ
(1)5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を実践しましょう。
(2)5Sを成功させるには、全員参加・意識統一・できることから始めましょう。

タグ

2012年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大 飲食店

顧客の要望を把握する その6

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

「顧客の要望を把握する」シリーズの第6回目です。

前回は、商品・サービスの特性をお客さまにとってのメリットとして伝える

という話をしました。 

 

今日は、「商品・サービスの特性をお客さまにとってのメリットとして伝える」という話の

付加価値的な情報を追記します。

 

1、「皆さまがお客さまにもたらすメリット」も整理することです。

「商品・サービスの特性をお客さまにとってのメリットとして伝える」と同様に整理することが大切です。

皆さまがお客さまにもたらすメリットも整理しておきます。

整理する方法は「商品・サービスがもたらすメリット」の場合と同様で、
「同業他社に比べて優位性がある」という視点を中心に考えます。
この時、「人材」「実績」「ネットワーク」といった項目で自社の特性を明らかにし、それをメリットに変えてみます。
特性をメリットに変えるときには、

「信頼性」、「ビジネスチャンス」

「自分たちにないものを補完してくれる」という「補完性」につながるように考えましょう。

 

2、お客さまの存在を忘れない

これまで、皆さまが取り扱う商品・サービスついて、
顧客のニーズを満たすようなメリットを分かりやすく伝えることができるように
整理する方法を紹介してきました。

大切なのは、常に伝えるべきお客さまがいることを意識することです。

メリットを伝えるときもお客さまの立場(役職・職種・年齢など)や考え方などを考慮した上で、
伝え方を工夫する必要があります。

同時に、自分なりに整理した商品・サービスの特性とメリットを、
自社内で共有したり、現場でお客さまから聞いた感想や反応をもとに、
常に見直していく必要があるでしょう。
こうした活動を繰り返していくことが契約獲得につながり、
新たなビジネスチャンスの獲得につながります。

今日のまとめ
(1)「皆さまがお客さまにもたらすメリット」も整理する
(2)常に伝えるべきお客さまがいることを意識する

タグ

2012年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

顧客の要望を把握する その5

こんにちは。公認会計士・税理士の李です。

「顧客の要望を把握する」シリーズの5回目です。
今日も、どのように顧客の要望・ニーズをつかめば良いのかという話をします。
お客さまが理解しているようで、あなたの「メリット」を理解していないのです。

 

商品・サービスの特性をお客さまにとってのメリットとして伝える

商品・サービスの特性をお客さまにとってのメリットに変えて伝えることが必要です。
この時、「御社では△△(ニーズ)ということでしたら、この商品は○○(特性)なので、
~というメリットがあります」というように伝えましょう。
つまり、「ニーズ、特性、メリット」を一連のストーリーとして伝えましょう。

特性をメリットに変える際のポイントは、
「売り上げ拡大」「コスト削減」という形で、直接お客さまの心に刺さるかどうかで考えましょう。

お客さまのニーズはさまざまです。
しかし、大きく分けると「売上拡大」、「コスト削減」の2つに分類できます。
つまり、「売上拡大」と「コスト削減」のいずれかが、お客さまの「購買決定要因」です。

そこで、特性をメリットに変えるときは、「購買決定要因」をお客さまの心に響くように伝えることを
意識することが゛大切です。

ただし、お客さまの「購買決定要因」に直接響かないこともあります。

前回の携帯電話で「技術」では、「技術力・専門知識」という商品特性は、
「従来の携帯よりも多機能」となります。
多機能な携帯電話だけでは、相手の心に伝わりにくいですよね。
そのため、「動画も楽に撮影できる。しかも、ハイビジョンなので簡単に綺麗に撮影できる」という
セールストークが考えられます。
しかし、このセールストークを聞いたとき、「売上拡大」、「コスト削減」を思い浮かべられる
お客さまはまずいないでしょう。
このように、「購買決定要因」である「売上拡大」、「コスト削減」に直接つなげにくいメリットは、
「購買決定要因」につながるメリットを顧客に伝えた後で、
「購買決定を後押しするダメ押し」として説明することも良いかと思います。

タグ

2012年8月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上拡大

このページの先頭へ